液状化現象の問題

ヘルメットを被った社員

地盤改良で地震に強い住宅を建てる

日本は平地の面積が少ない国です。そのため古くから海や川を埋め立て、そこに街を作って土地を増やしてきた歴史があるのです。こういった住宅地を増やす事は、多くの人が住めるメリットがあるのですが、地震にとっては問題がある事が最近わかってきたのです。 というのも昔、海や川だった場所というのは地盤の強度が低く地震がおきた場合には揺れが大きくなり、液状化現象がおきる事もあるのです。そのため最近の住宅では新築やリフォームの時に、耐震診断をする事が増えているのです。そして耐震補強が必要になった場合必要になってくるのが、地盤改良なのです。住宅がいくら強固なものが建てられていたとしても、地盤が弱かったら地震で建物は傾いてしまうのです。

軟弱地盤の上に建物を建てるには

また地盤改良は地震の対策だけでなく、電車や大型トラックなどの振動を防ぐ事もできますし、住宅地の土地から遺跡などが発掘された場合に、遺跡保護のために施工される事もあるのです。ここでは地盤改良がどんな種類の工事があるのか、紹介していきます。 住宅を建てる地盤改良でもっとも多いのが、表面の地盤を強化するものです。この工法は表面の地盤が軟弱な時におこなわれるもので、表面付近にコンクリートを流し込み地盤を強化する方法なのです。ただし地域によっては、深い地層が軟弱地盤だと効果を発揮する事ができないため注意が必要です。土地に強固な地盤が存在していない時にやる地盤改良が、柱を複数埋め込むという工事です。こうすることにより、軟弱地盤がくずれにくくなり強度が増すのです。地盤改良で一番効果があるのが、強固な地盤まで鉄の管を打ち込み、それに固定する方法です。